IMG_4952-1000-2

調査中の砂浜5

極小さな砂浜です。横幅は数メートルしかありません。唐瀬浜と大浜の間にある「矢台崎」という岬の先に存在します。

矢台崎

矢台崎

「唐船城跡」

この岬にはかつて「唐船城」というお城があったと伝えられており、頂上付近にはその痕跡があります。“唐船”とは、江戸時代長崎に来航した中国船の通称で、同時に日本で造った中国式の船の呼称でもありました。この岬が唐船をひっくり返した形に似ていることから、その名前がついたと言われています。

「大久保遺跡」

この岬では1985年に、弥生時代~古墳時代前期にかけての墳墓とみられる積石の石棺墓と弥生人骨が見つかり、石田町教育委員会が主体となり長崎大学医学部の協力で発掘・調査が開始されました。蓋石の上に円礫の積石をもつ箱式石棺1基が検出され、弥生土器、須恵器などが見つかり、「大久保遺跡」として史跡指定されました。

(※岩場をつたい行かなければならず、潮の流れも発生しやすいため遊泳区域ではありません。崩落の危険があるので要注意。波が高い時は絶対に近づかないように!)

調査中の砂浜5

調査中の砂浜5

調査中の砂浜5

調査中の砂浜5

基本情報

駐車場 更衣室 シャワー トイレ 休憩所 海の家 自販機 監視員
- - - - - - - -
地形
幅:約5m 奥行:約15m 向き:南 やや遠浅
砂質
主に砕かれた貝類の細かい粒子。小さめの二枚貝が混じっている。
住所
壱岐市石田町筒城東触字大久保 付近
注意
監視員はいません!離岸流に要注意。

地図・アクセス

【車】郷ノ浦港から約20分、芦辺港から約15分、壱岐空港から約3分

お友達へ伝える

コメントをどうぞ

Loading Facebook Comments ...