壱岐サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル

大会エントリー受付開始!最速自転車決定戦!

最高にチューンナップした自転車に乗って、信号や車を全く気にせず、“公道”を思いっきり走る!そんな日本中の自転車愛好家の夢を叶えちゃう、数少ないサイクルロードレース『壱岐サイクルフェスティバル』。そのエントリー受付が、今年も始まったよ!

前回は、かなり早い段階で定員が埋まってしまったから、エントリーはお早めにね!

壱岐サイクルフェスティバル

壱岐の島の海岸線にそって、一般公道の特設コースを一周するロードバイクレース。毎年6月の第2日曜日、全国から数百人(参加者数:2014年=647人、2015年=619人)の参加者が集い、激戦を繰り広げる。適度なアップダウンと景色を楽しめ、プロ選手だけでなく一般の参加者にも人気だ。

2016年大会について

壱岐サイクルフェスティバル2016 開催日程・エントリー方法

壱岐サイクルフェスティバル2016 開催日程・エントリー方法

【開催内容】 開催日:2016年6月5日(日) 開催内容詳細

【募集要項】 募集要項P1募集要項P2

【エントリー方法】 申込期間:2016年3月20日~5月06日 ●大会事務局へ直接申し込み 専用エントリー用紙を用意しています。大会事務局(下記)までご請求ください。 ●ネットでの申し込み スポーツエントリー(PC) スポーツエントリー(スマホ) ※新規申込で郵便振替希望の方は、大会事務局(下記)へご連絡ください。 ※ジュニアチャレンジロードレース(8km)のエントリーフィーは無料になりました。参加申込を希望される方は、専用申込書をお送りしますので大会事務局にご連絡下さい。申込用紙ダウンロード

【お問合せ先】 『壱岐サイクルフェスティバル実行委員会事務局』 電話:0920-48-0590 FAX:0920-47-5302 『壱岐サイクルフェスティバル福岡事務局』 電話/FAX:092-406-8456

【壱岐市へのアクセス方法】

壱岐市へのアクセス方法

愛用の自転車と一緒に来島するには、フェリージェットフォイルで海を渡ります。(※ジェットフォイルへの自転車の持ち込みの場合は、事前の予約をすることで可能になります。 予約をする

壱岐島へのアクセス方法
島内の交通手段

【宿泊に関するお問合せ先】

宿泊に関するお問合せ先

●壱岐市観光連盟 電話:0920-47-3700 Email: info@ikikankou.com ●民宿組合 電話:0920-44-8011 FAX:0920-44-8234 Email: info@ikiminsyuku.com

(過去大会)

壱岐サイクルフェスティバル2015(過去大会)

壱岐サイクルフェスティバル2015

開催日:平成27年6/7(日) 【メイン会場】 大谷体育館(開閉会式・受付会場等) 【コース】 壱岐島特設コース(一般公道) スタート地点:壱岐文化ホール(A) ゴール地点:大谷体育館(B) (※50kmの場合。他、各部門で異なります) 【スタート時間】 午前8:50 (※50kmの場合。他、各部門で異なります) 【カテゴリー、クラス】 ●JCF登録選手:サイクルロードレース 50km(高校生/18歳以上) ●一般:チャレンジロード 50km(18歳以上) 30km(中学生以上) ●ジュニア:チャレンジロード 8km(小学生/中学生) ほか、団体戦など。

【参加料】 一般:6,000円 高校生:5,000円 小・中学生:無料 (30kmの中学生は3,000円) ※プログラム、傷害保険料、参加記念品を含む ★参加申し込み方法(※2015年度受付終了) 申込期間:2015年03月28日~05月08日 ※昨年出場の方:申込用紙を送付致します。3/30~3/31頃に到着する予定です。 【ネットでの申し込み】 スポーツエントリー JTBスポーツ 【事務局にご連絡】 新規申込で郵便振替希望の方は、事務局へご連絡ください。 【団体エントリー】(※2015年度受付終了) チャレンジ50km部は、特別賞として団体戦を設けてあります。 エントリーする 【ジェットフォイル予約】(※2015年度受付終了) 4月15日から 自転車持込の方のジェットフォイル予約が可能です。 博多⇔壱岐 各30席 対馬⇔壱岐 各10席 ※便により予約席の数が異なります。 詳しい情報とご予約 壱岐サイクルフェスティバル2015スケジュールと注意点
『壱岐サイクルフェスティバル実行委員会事務局』 TEL.0920-48-0590 FAX.0920-47-5302 詳しい情報は、お問合せいただくかホームページをご覧ください。

壱岐サイクルフェスティバルHP


壱岐サイクルフェスティバルって、どんな大会?

壱岐へのアクセス

壱岐へのアクセス

舞台は壱岐島!九州の上のほうにある離島

博多から高速船で約1時間。壱岐市は長崎県に属しているけど、福岡県・佐賀県と隣接した玄界灘上にある離島なんだ。島の大きさは直径17kmくらい。標高は、最高で213m。人工は約3万人くらい。海が綺麗で、白い砂浜がいっぱいある。特に(温泉/麦焼酎発祥の地/原の辻遺跡/日本最初の神社/壱岐牛/海の幸)などが自慢だよ。 もっと詳しく

壱岐サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル 50kmコース

壱岐の島まるごとレース場に!

壱岐の海岸線にそってぐるっと一回りするように、一般の交通を封鎖して特設コースが作られる。最長の50kmコースのスタートは(A)地点、つい最近、“B'zライブ”が行われたことで有名な「壱岐文化ホール」前から始まる。そのコースの中で、50km、30km、8kmなどの部門に分かれてレースが行われるよ。

大会の様子

選手たちの緊張感が伝わってくるね。スタート直前、トンネルで「うぇーい!」というお決まりの掛け声が。先頭が“”(郷ノ浦大橋)を渡るところで、レーススタート!サイレンが鳴るよ。一般公道でのストイックなレース。もちろん転ぶとタダでは済まない。だからこそレース中に交わされる選手同士のやり取りは大切なんだ。トップの選手は、50kmのコースを1時間20分ほどでゴールする。

サイクリストは全国から。

珍しい一般公道を道路規制してのレースだから、全国から参加者がやってくる。プロの選手だけでなく、自転車サークル、学校のクラブ、地元のみんな、もちろん女性も。トライアスロンの選手も参加してくる。年齢は、小中学生から80歳を超える方もある。

フェリーがとんでもない状況に!?

レースの前後、フェリーの車輌が格納されるスペースは、自転車で埋め尽くされる。ところで、ママチャリじゃダメだよ!って言われちゃったよ。そもそも、ランプやミラー、荷台、スタンド、施錠なんかが付いている自転車は、参加を認められていないんだって。だから、ロードバイクを止めるときは、何かに立てかけるか、地面へ寝せておくしかない。ちょっと不便なんだね。

特別にカスタムされた自転車は、一台60万円!?

自転車は超軽量化されていて、毎回コースや路面状況、体調のコンディションに合わせてチューニングしてある。なんと7kg以下しかないんだって。そのお値段はトータルすると一台60万円くらいになる!もしクラッシュしたら、色んな意味で大変なことになるね・・・。公共交通機関を利用して運ぶ時は「輪行」といって、車輪を外しキャリーバッグに入れて移動。現場で組み立てるよ。

壱岐サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル

壱岐サイクルの流儀!?

全国からレースのために、壱岐の島へ前のりして試走する選手も。また、レース後に観光やグルメも楽しむサイクリストも多いんだ。疲れきった体も温泉でさっぱりして海の幸を堪能。それに、この時にしか会えない…そんな仲間と過ごせるひと時も、目的の一つだったりするんだって。このイベントは、選手と応援する人、スタッフ、そして島のみんなでつくり上げる素敵なコラボレーションってわけだね。身体能力や順位を競うだけでなく、それぞれの思いや意義があるんだ。

「壱岐サイクルフェスティバル」

自転車ってエコで健康的。とってもステキな乗り物だね。選手たちは皆さわやか。壱岐の島の景色を眺めながら、または街の中を疾走するのは気持ちいいんだって。全国から壱岐へ集まる気持ちもわかる気がするね。一般参加の各部門も用意されてるから、みんなもエントリーみるといいよ。というわけで今回は、「壱岐サイクルフェスティバル」の紹介でした!最後まで観てくれてありがとう。またね!

あっそうそう。みんなも壱岐市で面白いことを見つけたら、ツイッターで コバルトくんに教えてね!

壱岐サイクルフェスティバル2016

「壱岐サイクルフェスティバル」の、すてきなエピソードや写真を大募集ちゅーん!

かもんちゅん!

この記事のレポーター

ベイベー大沢

ベイベー大沢

歓迎委員会(壱岐ベイベー)のベイベー大沢。全人類を歓迎する。宇宙人も歓迎する。

お友達へ伝える

コメントをどうぞ

Loading Facebook Comments ...
壱岐砂浜図鑑

ボタンを押してね!

壱岐島、全30箇所のビーチと観光旅行ガイド。 詳しく