猿岩ビューポイントから

猿岩ビューポイントから

猿岩はいつも、左向き?

もうお馴染み、まるで猿のように見える、高さ45mの巨大な玄武岩「壱岐の猿岩」だよ!何度見ても、不思議なくらい“猿”な岩だね。ところで、いつも左向き。みんなは、猿岩のお顔を正面から見たことある?

というわけで今回は、どうにかして正面から見てみたいと思うよ!いったいどんな顔をしているのか!?

猿岩ビューポイントから

猿岩ビューポイントから

通常のビューポイントから

ここから見た猿岩は、観光案内などの写真でよく見かけるね。通常のビューポイントには駐車場や、お土産屋さん“お猿のかごや”もある。遊びに来たみんなは、ここから写真を撮ってるんだね。あの猿岩の顔を正面から見るには、どうしたらいいんだろう。とりあえず、あそこの芝生の丘まで行ってみよう!

猿岩(さるいわ)

猿岩(さるいわ)

辺りは断崖絶壁

柵も何もない猿岩の周辺は、気を抜くと転落してしまう危険な場所でもある。でも、見られる景色は絶景なんだ。

 猿岩

猿岩

壱岐の猿岩(さるいわ)

長崎県壱岐市(壱岐島)の西側の海岸“黒崎半島”の先端に、まるで猿のように見える高さ45mの巨大な玄武岩「猿岩」がある。海蝕崖の一部であり、長い時間をかけ波風によって風化し形成された。特に美しい夕日が見えるスポットであり、壱岐で随一の観光名所である。

壱岐の猿岩の夕日

壱岐の猿岩の夕日

折柱(おればしら)

壱岐島誕生の神話によれば「壱岐の国は生き島である。神様が流されてしまわないようにと八本の柱を立てて繋いだ。その柱は折れ残り、今も岩となって折柱(おればしら)といわれている...」とのこと。この8本の柱の中の一本がこの猿岩である。壱岐の折柱には、他に左京鼻(さきょうばな)の「観音柱」などがある。 参考:近郊にお土産屋「猿岩物産館 おさるのかご屋」があり、オリジナル商品が販売されている。 長崎県郷ノ浦町新田触 付近「猿岩」

芝生の丘から、猿岩の顔が

 芝生の向こうに猿岩が

芝生の向こうに猿岩が

 芝生の向こうに猿岩が

芝生の向こうに猿岩が

ド迫力!とてつもなく巨大だぞ!

猿岩の頭が見えてる!ゴジラ襲来みたいだね!近づいてみると、想像よりかなりでっかい。でもなんだか顔がおかしくない?もっと近づいて見てみよう。

猿岩(さるいわ)

猿岩(さるいわ)

猿岩の体が細いじゃないか!?

高さ45m。断崖絶壁のギリギリまで接近してみた!なんだろう、この違和感。体が細くて印象が違うよ。

猿岩(さるいわ)

猿岩(さるいわ)

ようし!正面へ回りこむぞ!

崖にそって、左へ歩みを進めていく。しかし目の前の猿は、どんどんその姿を変えていったんだ..。

猿岩(さるいわ)

猿岩(さるいわ)

これが正面!全然猿じゃなくなった!

猿岩の正面から見ているはずなんだけど、猿の形が無くなってしまった。

猿岩(さるいわ)

猿岩(さるいわ)

角度のマジックだった!

つまり、猿岩がお猿さんにそっくりに見えるのは、特定の角度からのみだったんだ。そのお顔を正面から見ると、これが猿岩だってわからないくらい様子が違うんだね。

猿岩(さるいわ)

猿岩(さるいわ)

自然の岩と植物でできた巨大なオブジェ

猿岩は正面から見ると、単なる大きな岩の塊だった。こんなカラクリが隠されていたんだね。なんだか、芸術的センスすら感じるわけだけど、自然の偶然だからすごいよね。

猿岩(さるいわ)

猿岩(さるいわ)

というわけで、今回のレポートはこのへんで終わりにするよ。みんなも壱岐の「猿岩(さるいわ)」へ足を運んでみるといいよ!きっと、楽しい思い出が出来るはず。そのとき、もし素敵なコトがあったなら、 コバルトくんにも教えてねっ。

「壱岐の柱状節理」については、またレポートするからお楽しみに!壱岐島には他にも、でっかい竜「龍蛇浜」や、でっかい「鬼の足跡」があるから、チェックしてみるといいよ!では、最後までみてくれてありがとう!またねっ!

地図・アクセス

壱岐「猿岩(さるいわ)」の、すてきなエピソードや写真を大募集ちゅーん! 
みんなとシェアしてちゅん!

この記事のレポーター

くんちゃん

くんちゃん

長崎-大阪-東京など移り住んだ転校生は宇宙人。学校では生物係として、地球内生命体を調査中。

お友達へ伝える

コメントをどうぞ

Loading Facebook Comments ...
壱岐砂浜図鑑

ボタンを押してね!

壱岐島、全30箇所のビーチと観光旅行ガイド。 詳しく